僕は現在、ブログを書きつつプログラミングの勉強をしています。場所を選ばずどこにいてもできることを増やしていくつもりです。

ここ数ヶ月間はずっと自宅で作業していたのですが、どうも効率が良くない。そこで、思い切って自宅作業をカフェに変えてみることにしました。

カフェでの作業は思ったよりも集中できてメリットが多かったです。

自宅作業をカフェに変えた

テックアカデミーカフェ7日目

効率が良くないと感じていた自宅作業を実験的にカフェに変えてみました。

自宅は誘惑が多いんですよね。

テレビを見たり、漫画を読んだり、ベッドでゴロゴロしてみたり、意味もなくYouTubeを見たり、これらのことが物理的にできなくなる環境がカフェ作業です。

イヤホンは持っていきません。カフェでYouTubeとか見るぐらいなら行く意味ないですしね。

自分を変えたければ環境を変えなさい、とあるように日常生活の環境を少しづつ変えていくのはおすすめです。

そんな僕は最近Twitterのプロフィールを変更しました。

完璧な準備よりも「まずやってみる」人。凡人脱出のため、努力時間に投資してます。2019.01〜プログラミング勉強スタート。一点突破します。海が好き、固定費が嫌い。ブログ×プログラミング、独立1年目のリアルをつぶやきます。寅年/蠍座/A型/Twitter歴1年

こちらのプロフィールから、こんなプロフィールに変更しました。

資産運用収益のみで暮らす元サラリーマン。スキル0に危機を感じ、ブログとプログラミングを始める。ブログ歴1年半で収益4万/月。努力時間に投資してます。副業で営業/凡人脱出したい/海が好き/固定費が嫌い/独立1年目/寅年/蠍座/A型/Twitter歴1年

このプロフィールがいいかどうかは別として、Twitterやブログのプロフィールを定期的にアップデートしていかなければいけないなと感じました。

少しでも興味を持ってもらえるようにプロフィールを試行錯誤中です。プロフィールを盛ると炎上するので、当然ですが事実を書くことをおすすめします。

カフェで作業する3つのメリット

カフェでの作業を1週間ほど続けてみて、3つのメリットが見つかったので紹介します。

時間的制約が脳を活性化させる

カフェ作業時間

僕が今いるカフェは閉店時間が決まっています。いつまでも作業ができるわけではないんですよね。自宅作業だとダラダラと作業を続けてしまいがち。時間対効果は悪いし成果もイマイチ出ませんでした。

一方で、閉店時間が決まっているカフェ作業は、制約がある分脳が活性化し結果的に効率よく成果もあがります。

適度な雑音が心地いい

カフェはいつもざわざわしていて集中ができず居心地悪そうですが、やってみるとその逆でした。話し声・ドアの開閉音・レジを叩く音・新聞をめくる音など、適度な雑音でまったく邪魔になりません。

イヤホンつけて音楽を聞くよりもいいと思っています。

パソコン作業している人が多い

最近は、カフェでパソコン作業している人をよく見かけます。同じように頑張っている人たちが近くにいると、自然と自分も頑張ろうという気持ちになります。

それと、多少なりとも周りの目があったほうが僕は集中できる気がします。これを、社会的促進と言います。

社会的促進とは、作業や課題を遂行している時に、そばに他者がいることで、その作業や課題の成績が高まる現象を指す語です。

一人作業が辛くなったらカフェ巡りをおすすめします。

さいごに

カフェ作業

僕と同じように在宅ワークがメインで、自宅作業に頭打ちを感じ始めた方は、カフェで作業するといいかもしれません。

カフェだと一杯500円のコーヒーで集中と効率を手に入れることができます。

自宅作業をカフェに変えることで、プログラミングの勉強とブログの更新がいつも以上に捗るようになりました。

地元のカフェおすすめ記事を書けるぐらいまで通い続けようと思います!

以上、『カフェで作業は捗る?自宅作業をカフェに変えたらどうなった?』でした。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローお願いします

おすすめの記事