スポンサーリンク

2018年の終わりに「2019年はいろいろと新しいことに挑戦しよう」と決めた。2019年1月はプログラミングに挑戦。

さっそくTechAcademy [テックアカデミー]のプログラミング無料体験をやってみた。その体験談をまとめる。プログラミングについて、事前学習は一切しておらず100%初心者の体験談。初心者が何も調べずに無料体験してみたので、失敗も多かった。これからTechAcademy [テックアカデミー]のプログラミング無料体験談をやってみる人はぜひ参考にしてほしい。

この記事を読むと、僕と同じ失敗をすることなく、プログラミング初心者でも効率よく無料体験を使うことができる。以下に当てはまる人に是非読んでもらいたい。

  • テックアカデミーのプログラミング無料体験に興味がある人
  • これからプログラミングを勉強しようと思っているプログラミング初心者
  • テックアカデミーのプログラミング無料体験の有効な活用方法が知りたい人

テックアカデミーとは

最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のプログラミングスクール。

どこかに通う必要なく、自宅でプログラミングやアプリ開発を学べるのが特徴。1人では続かない人のための短期集中プログラム「オンラインブートキャンプ」がある。

現役のプロのサポートと独自の学習システムで短期間で成長いただけます。

 

現役のエンジニアに直接質問することができるので、学習の理解スピードが早くなる。これは後から説明するテックアカデミーの無料体験を受けてみて強く感じた。プロに不明点をいつでも聞くことができて、効率的よく学習できるサービスはありがたい。

 

YouTubeにテックアカデミーのテレビCMがあった。

 

テックアカデミーにはプログラミング無料体験がある

テックアカデミー2

TechAcademy [テックアカデミー]ではプログラミング無料体験ができる。一週間の期間限定で独自の学習システムを体験することができ、さらにその期間中に一度だけ、現役のエンジニアに質問をすることができる。これをパーソナルメンターがつく(無料メンタリング)と表現されている。

僕が無料メンタリングを受けた時の様子

テックアカデミー無料メンタリング

パーソナルメンターと話せる時間は30分で、ビデオ形式の会話。それ以外はチャット形式で進めていくことになる。チャットは15時〜23時までの間だと常に講師の方がいる状況のため、質問するとだいたい数分で返ってくる。

テックアカデミープログラミング無料体験の感想

TechAcademy [テックアカデミー]プログラミング無料体験の感想を、完全初心者目線でいくつか書いていく。

プログラミング初心者は無料体験を受けるべき

【結論】プログラミング初心者はまずTechAcademy [テックアカデミー]の無料体験を受けるべき。

プログラミングがまったくできない初心者の僕が、無料体験を受けてみて思ったことなので間違いない。プログラミングを勉強したい願望があるのなら、無料体験を受けない理由は見当たらない。

無料体験期間中に本コースへ申し込むと割引が受けられる。直接申し込むよりも、無料体験を受けた後に申し込む方が安い。

初心者すぎると何をどう質問していいかわからない

TechAcademy [テックアカデミー]の無料体験を受ける前に独学である程度プログラミングを学ぶ方法もあるが、僕はそれをしていなかったので、何をどう質問していいかわからなかった。単純に質問が難しい。わからないことが多すぎて何から質問していいかわからない状況。

無料動画でプログラミングが学べるドットインストールなどで、ある程度勉強してからの方が良かったと思っている。これは本コースを受講する際も同じ。

失敗談

プログラミングスクールに通う前に(無料体験を受ける前に)独学が必要だと感じた。

無料メンタリングは無料体験学習を終えてからの方がいい

テックアカデミー無料メンタリング

後述の、TechAcademy [テックアカデミー]プログラミング無料体験を受ける方法で、無料メンタリングの日程を決める場面があるが、無料メンタリングを申請せずに無料体験学習を受けた方がいい。

なぜなら、無料体験学習を一度受けないと、メンターに何を聞いていいのかわからない。さらに、メンターが言っている言葉のほとんどが理解できない。

僕はプログラミング完全初心者。どのコースを受講すればいいかを質問したが、先に無料体験学習を受講しておけば良かったと後から後悔した。

ここが一番の失敗ポイントだったように思う。

失敗談

無料メンタリングは、無料体験学習を一通り終えてから申請した方がいい。

一度読んだだけでは理解できない

無料体験学習の教材(説明資料)のレベルが高いのか、僕が初心者すぎるのかわからないが、順番に一度読んだだけでは内容が理解できなかった。

ある程度の時間を確保して、深く理解していかないと、最後に課される課題がクリアできない。無料メンタリングをすでに使ってしまっていると、課題についての質問をビデオ形式ですることはできず、すべてチャット対応となる。チャットでの質問でも問題ないのだが、プログラミング初心者だと本当に質問の仕方がわからなかった。

そういった意味でも、一度読んだだけで理解できるぐらいのレベルじゃないと本コースの受講は厳しいと感じた。

テックアカデミープログラミング無料体験を受ける方法

テックアカデミーのプログラミング無料体験を受ける方法はとても簡単。下記に示す手順1〜12に沿って行えばすぐに無料体験を受けることができる。

手順1TechAcademy [テックアカデミー]のホームページから「プログラミング無料体験」の詳しく見るをクリック

テックアカデミー1

 

手順2氏名、フリガナ、メールアドレスを記入して「勉強を始める」ボタンをクリック

テックアカデミー2

 

手順3無料体験の内容を一通り確認する

テックアカデミー3

 

手順4体験−1、メンターサポートを体験できる

テックアカデミー4

 

手順5体験−2、カリキュラムを見れる

テックアカデミー5

 

手順6体験−3、プログラミングを体験できる

テックアカデミー6

 

手順7特典のご紹介(無料体験を利用すると受講料割引が受けられる)

テックアカデミー7

 

手順8無料体験をはじめる

テックアカデミー8

 

手順9無料メンタリング申請をおこなう(※無料メンタリングは申請せずに無料体験を始めるでOK

テックアカデミー9

 

手順10メンタリング日時を選択する

テックアカデミー10

 

手順11メンタリング開始日時を申請する

テックアカデミー11

 

手順12メンタリングの日時とメンターが決まる

テックアカデミー12

無料メンタリングは後から申請できるので、このタイミングで申請する必要はない。僕はここで一気に無料メンタリングまで申請してしまって後悔した。一度学習を進めてみてからで遅くはない。

テックアカデミーの無料体験感想まとめ

テックアカデミーの無料体験を受けた感想をまとめる。

  1. プログラミング初心者はTechAcademy [テックアカデミー]の無料体験を受けるべき
  2. 無料体験を受けない理由は見当たらない【割引あり】
  3. 初心者すぎると何をどう質問していいかわからない
  4. ドットインストールなどで事前学習をしておくとより効果が高まる
  5. 無料メンタリングは無料体験学習を終えてからの方がいい
  6. プログラミング初心者だと一度学習しただけでは理解できない
  7. TechAcademy [テックアカデミー]のプログラミング無料体験を受ける方法は簡単だった

 

テックアカデミー無料体験を受けたあとWebデザインコースに申し込んだ

僕はTechAcademy [テックアカデミー]の無料体験を受けた流れで、有料コースであるWebデザインコースの4週間プランに申し込んだ。

その理由は、プログラミング学習を最速で一点突破したかったから。気になる方は、以下の関連記事を読んでほしい。

スポンサーリンク

Twitterでフォローお願いします

おすすめの記事