スポンサーリンク

2018年の終わりに、「2019年はいろいろと新しいことに挑戦しよう」と決めた。

毎月なにか一つ新しいことを始めると、年に12回のチャレンジができる。今までにこういう視点で物事にチャレンジした経験はない。特に大人になってからは、新しいことに挑戦する機会は激減した。

それと、年齢を重ねていくにつれ、変なプレッシャーやまわりの環境から新しいことへの挑戦はできにくくなる。32歳の今ならまだまだチャレンジできると感じ、毎月新しいことへの挑戦を始めることにした。

2019年1月はプログラミングをはじめた。プログラミングの「プ」の字も知らない初心者が、3ヶ月でどれくらい成長できるのか検証中。プログラミングは今後も続けていくつもりだ。

プログラミングを続けつつ、2019年2月はストレッチを学んで少しずつやっていこうと思う。

ストレッチを始める理由

  • 在宅ワークが増えて運動が減ったから
  • 整体師さんに「猫背で姿勢が悪い」と言われ、ストレッチを勧められた
  • パソコン作業の合間にストレッチすると作業がはかどる

というのがストレッチを始める理由。かんたんなストレッチで気分転換し、あわよくば姿勢も正したい。

やることその1:毎朝起きたら10分ストレッチする

まずは簡単なことから実践していく。

毎朝起きたら10分ストレッチを続けていくために、ベッドの隣に厚さ10ミリのヨガマットを敷いた。

これで起きてすぐにストレッチが開始できる。

やることその2:ミックスジュース飲んだあとストレッチする

ぼくは朝起きたら朝食代わりにフルールミックスジュースを飲んでいる。

ミキサーに、バナナ・りんご・はちみつ・牛乳を入れてミックスするだけ。

このミックスジュースを飲んだあと、仕事を始める前にストレッチを習慣的に取り入れていこうと思う。

やることその3:作業の合間にストレッチする

とにかくストレッチする機会を増やしていくため、作業の合間に取り入れていく。

具体的には、1時間集中して作業したら5分ストレッチをはさむ。といった感じで気軽にやっていくつもり。

作業効率も上がりそう。

やることその4:お風呂上がりにストレッチする

なにか根拠があるわけではないが、お風呂上がりにストレッチをしている人は多そう。

朝起きてすぐよりもお風呂上がりの方が柔軟に身体が動くような気がする。

お風呂上がりにストレッチを取り入れてみようと思う。忘れずに。

まとめ

ストレッチ

2019年2月はストレッチで身体をほぐしつつ姿勢を正し、作業効率を上げていきたいと思っている。

簡単なことでも、毎日の習慣を変えつつ新しいことに挑戦し続ける人生なら、今よりもずっと楽しくなる。

以上、『【毎月新しいことに挑戦する】2019年2月:ストレッチ』でした。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローお願いします

おすすめの記事