スポンサーリンク

読書が嫌い、そもそも本を読む時間がない、そう思っていた僕が本を読む習慣をつけた理由とそのプロセスを記録する。

脱サラフリーランスになって10ヶ月が経った。やるべきことは明確だが手が動かない、そんな現状を打破するためにやったことが読書。何をいまさら、と思うかもしれないが、32年間生きてきて本を読み終えた経験は片手で足りるぐらいだ。

今回の記事は、僕と同じように普段全く本を読まない人に向けて書いている。

読書が身近になった

MIKEBLOG読書

読書が嫌いだった理由の一つは、あのかさばる媒体を持ち歩くことが苦痛だった。基本的に手ぶらで行動する僕は、単行本を持ち運び移動時間に読むという行為はそもそも選択肢にない。

そのままの感覚でここ10年近く過ごしてきたが、今はスマホで読書ができる。これを使わない手はない。スマホやタブレットで本を読む、これで読書を身近に感じるようになった。

本を読まない人は、このあたりのアップデートに無関心な場合が多い。家でゆっくりした時間にしかできないと思い込んでいた本を読むという行為だが、今はスキマ時間や移動時間にできる。

Kindle Unlimitedを使えば月額980円で本やマンガ・雑誌を読むことが可能。今となっては、何故みんなこのサービスを使わないのか不思議でならない。

さらに最近は、本を聴くことができる。AmazonAudibleを使えば、読書はもっと自由になる。月額1,500円のサービスだが取り入れる価値があると判断し、さっそく「自分を操る超集中力」を聴いている。

created by Rinker
¥1,512 (2018/12/13 21:02:28時点 Amazon調べ-詳細)

本を読む時間をつくる

読書タブレット

本を読む習慣がない人は、当然ながら本を読む時間を作ろうとしない。サラリーマン時代は、本を読む時間なんて皆無だと思い込んでいた。忙しいというのは錯覚で、ただ単にスキマ時間を有効活用できていないだけだ。

本を読む優先度を上げていくと、時間はつくることが出来る。無駄な残業、接待ゴルフ、飲み会を減らせば読書に割り当てることが出来たはず。フリーランスになった今でも、時間を確保することの難しさはそう変わらない。ブログを書きつつ、個人の事業をしつつ、読書する時間を確保する必要がある。

僕の場合、昼過ぎから夕方にかけての時間と移動時間を読書する時間として確保している。紙の本はほとんど読まない。タブレット(Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) (第7世代) 32GB)かiPhoneで読むことがほとんどだ。

created by Rinker
Amazon
¥10,980 (2018/12/14 03:05:39時点 Amazon調べ-詳細)

読書を習慣にする理由

MIKEBLOG読書

過去には戻れないが、本を読むことで未来にタイムスリップできる。これは、本を読むようになってわかったことだ。過去を振り返るとあれをやっておけばよかったと後悔することがある。けれども、本を読むことで未来はいくらでも想像することができる。

読書を習慣にすることで良質な情報をインプットし続ける。そして、未来を想像しつつアウトプットし、実戦レベルで試していく。

僕は本を読んで得た知識をTwitter上でアウトプットしている。もちろん自分の考えを付加して。クロージングの心理技術であれば営業活動に、集客方法やマネタイズであればブログ活動に使える。

なおかつ、本は裏切らない。煮詰まったりストレスが溜まった時こそ、本を読むべき。本を読めば読むほど知識と経験がつく。突破困難な状況の場合には、解決策や改善点を教えてくれる。

本を読むのが楽しいと思えるまでのプロセス

MIKEBLOG読書

読書をまったくしてこなかった僕が、ここ1ヶ月で本を読むことが生活の一部になってきた。今では本を読むことが楽しいとまで思える。読書を習慣にし、楽しいとさえ思えるようになった理由はこの2点。

  1. 自分よりも先を走っている人に読むべき本を聞く
  2. 聞いた本を必ず読了する

たったこれだけのこと。

憧れている人や、結果を出している人のようになりたければ、行動を似せていくしかない。そして、事実として、結果を出している人は必ず本を読んでいる。本で得た知識を活用すると少しずつだが結果がついてくるようになった。結果が出るから読書が楽しい。

AmazonAudibleのすすめ

結果が出るから読書が楽しいとはいえ、まったく本を読む習慣がない人がいきなり本を読めと言われても戸惑うのはわかる。実際に僕がそうだったから。

そういった、読書にアレルギーがある人に、AmazonAudibleをすすめる。オーディオブックを情報収集に使う。耳を使って本の内容を理解することができるので、今までと違った感覚で読書を取り入れることができる。AmazonAudibleはシンプルに最高のサービスだと感じる。

  • 普段の生活に取り入れやすい
  • 本を一冊読み聞かせてくれる
  • 忙しい人でも本が読める
  • 移動中に本が聴ける
  • 月額1,500円で聴き放題
  • 無料お試し期間あり

 

僕はこのサービスを使って、読書をさらに生活の一部に定着させるつもりだ。

スポンサーリンク

Twitterでフォローお願いします

おすすめの記事