スポンサーリンク

会社を辞めてフリーランスになりたいけど、生きていけるか不安…。サラリーマン時代に準備したほうがいいことってある?

 

この記事を書いているぼくは、2017年末に7年間務めた会社を辞め、フリーランスとして活動しています。

フリーランス生活も6ヶ月目に突入し、現在はバリ島で30日間のプチ移住生活を送っています。

本記事の内容

  • 【結論】会社を辞めても大丈夫
  • サラリーマンのうちに準備することが大切
  • 自分にできないことは人に頼る
  • 貯金よりも毎月入るお金を重視すべき

結論、会社を辞めても大丈夫です。充分、生きていけます。(実際にぼくが生きていけてるから)

ただし、「大丈夫」という言葉には当然根拠があって、少しだけ準備が必要です。

この記事では、実際にぼくが会社を辞める前に準備したことを書いていますのでぜひご覧ください。

フリーランスになろうとしている人や、会社を辞めて大丈夫か不安なひとの参考になれば嬉しいです!

勢いだけで会社は辞めないほうがいい

会社辞める

働き方や生き方の議論のなかで「サラリーマンはオワコン、フリーランス最高」みたいな風潮がありますが、ぼくは半分同意でもう半分は否定的にみています。

半分同意の理由は、ぼく自身フリーランスの働き方や生き方を最高と思っているからです。

一方で、今働いている会社を勢いに任せて辞めること、これだけはゼッタイにしないほうがいいと思っています。

少し矛盾していますかね…。

会社で働くとは、生きるための手段なだけであって目的ではないような気がずっとしていました。

でも毎月安定して入るお給料は、フリーランスになると喉から手が出るほど欲しくなります(笑)

そういった意味で、現時点でサラリーマンとしての収入以外に何もないひとは、勢いだけで会社を辞めないほうがいいと思います。(圧倒的なスキルがあればまた別の話ですが)

僕が会社を辞めたたった1つの理由はこちらで書いています。

サラリーマン時代にできる「準備」の大切さ

準備運動

毎月安定して入るお給料があるうちにできる「準備」は腐るほどあります。

実際にフリーランスを経験してみて、サラリーマン時代になにも準備をしなかったら…と考えるととても怖いです。

心の準備やお金の準備は大切だということを身をもって体験しました。

いくら毎日が忙しかったとしても、週に2日は休みがあるし、有給だって使える。その時間を使って会社を辞める準備をするべきです。

休みがなく有給も取れないひとは、帰宅後の1時間を準備時間にすればいいです。一週間で7時間も準備時間が作れちゃいます。

時間は作ろうと努力さえすれば案外作れるものなんですよね。

時間は作れたとして、じゃあ準備はなにをしたらいいの?という疑問に対して、ぼくの考えを書いてみます。

貯金よりも毎月入るお金をつくる

フリーランス

サラリーマン時代の準備は、貯金ではなく毎月入るお金をつくったほうがいいです。

フリーランスになると貯金なんてあっという間になくなります。固定費を抑える努力は当然ですが、ぼくの中では抑えたくない支出がたくさんあります。

交際費

人と会うための費用を削ると、あとあと大きなダメージとして返ってくると思っています。それと、単純に新しい人間関係を築くことが好きなのでこの支出は抑えたくない。
そもそも、ビジネスにおいて交際費は必須ですよね。

移動費

定住は停滞を生むと思っているし、毎日同じところで作業してても生産性が上がらない人間なので、移動費も抑えたくありません。実際に毎月移動費は結構かかっていて、その分生産性も向上している感じです。

食費

食に関しては割と鈍感なほうですが、毎日白ごはんと塩だけというわけにはいかないですよね。健康面のことを考えると食費もあまり抑えたくありません。

(抑えたくない支出が多すぎて自分でもびっくりしています…。)

会社を辞めてフリーランスになっても出ていくお金は一定額ありますよね。加えて税金を納めていかなければいけません。

貯金が目減りしていくことに怯えながらの生活よりも、毎月入ってくるお金を準備してやりくりを考えるほうが精神的に安定すると感じています。経験談です。

なので、無計画に貯金するのではなく毎月入ってくるお金を準備したほうがいいです。

ぼくがサラリーマン時代にやった3つの準備

毎月入ってくるお金を準備するために、ぼくがやった3つのことを紹介します。

不動産(都内1LDKのマンション)投資

マンション投資

都内中古マンションを購入し、投資物件としてまわしています。

入社して間もない頃(たしか2年目か3年目ぐらい)にマンション投資を勉強し、実際にセミナーに行ったり不動産会社へ通ったり…積極的に動いていました。

当時は資金や勤続年数が足りず、あまり相手にしてもらえなかったことをよく覚えています。

購入したのは入社5年目の春。購入当時で築9年ほどのマンションです。

再生可能エネルギー(太陽光発電)投資

太陽光発電

(写真はイメージです)

事業用再生可能エネルギー(太陽光発電)へ投資しました。

家の屋根に付いているソーラーパネルをイメージするとわかりやすいかもしれません。あれの規模を何倍も大きくした感じです。

土地を整備してフェンスを作ってパネルを施工するバカでかいやつです。天気がいいと結構売電します。

購入したのは入社7年目の夏。もうすぐ運用1年目の結果が出るのでまた別記事で報告します。

ブログをはじめる

ブログ

ひょんなことからブログをはじめました。

ブログやアフィリエイト記事を書くことで収入を得ようとはじめたのですが、うえの二つに比べると圧倒的に難しくて試行錯誤中です。

ブログをはじめたのは入社7年目の夏。仕事から帰ってきて記事を書くのはしんどくて、続けることが難しいです。

当時はブログの「毎日更新レース」って企画があったので参加していましたが、ここで一回目の挫折…。毎日ブログ書くって相当大変です!!

兼業でブログを毎日更新している人には頭が上がりません。(尊敬!!)

自分にできないことは人に頼る

鍵の絵

サラリーマンのうちにできる準備を3つ紹介しましたが、ぼくはどれも初心者で特別詳しいわけではありません。はじめは全くわからない状態です。

自分にできないことは、詳しい人を頼ればいいです。だいたい解決するし、優しく教えてくれます。

知り合いに不動産業を生業としている人がいたので、買うときは相談しました。

太陽光発電も、施工業者の方を紹介いただき破格で購入することができました。

ブログはグーグル先生の他に、何人もの人に教わりました。そもそもレンタルサーバーやワードプレスってなに?の状態からはじめたので、人を頼りまくりです。

なにを始めるにしても最終決断はいつも自分です。

でも自分にできないことは詳しい人を頼ったほうが早いスピードで物事が進んでいくと思います。

さいごに

会社辞める

この記事では、ある程度の準備をしていればフリーランスとして生きていけることを伝えたつもりです。

逆に考えると、準備なしでフリーランスになると気持ちの面でとても苦労すると思います。

3つの準備まとめ

  • サラリーマンのうちに準備をしていれば会社を辞めても大丈夫
  • 貯金よりも毎月入る収入が大切
  • 自分にできないことは人に頼る

会社を辞める前にできる準備はやっていたほうがよさそうですね!

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

▼サラリーマンには魅力的に見えがちなフリーランスのについて書きました!

▼記事中に出てきた関連記事はこちら

スポンサーリンク

Twitterでフォローお願いします

おすすめの記事