プロフィール

当ブログをご覧いただいて、ありがとうございます!

【MIKEBLOG(マイクブログ)】を運営している、まいく(@mikettblog)です。

このページでは、ぼくの自己紹介と考え方についてまとめています。

書いている内容

    1. かんたんなプロフィール
    2. 名前(まいく)の由来
    3. おおよその経歴
    4. なぜ会社員を辞めたのか
    5. なぜ31歳で会社員を辞められたのか
    6. 会社員を辞めてなにがしたかったのか
    7. 理想の働き方について
    8. フリーランスの輪を広げたい
    9. ぼくが考える自由とはなにか
    10. 今後の予定

 

プロフィール

まずはじめにかんたんなプロフィールです。

  • 名前:まいく
  • 年齢:32歳(1986年生まれ)
  • 頑張ってること:ブログとプログラミング
  • 趣味:海外ノマド
  • 出身地:福岡県

 

ここからは、略歴や詳細なプロフィールを書いていきます。

名前(まいく)の由来

ぼくはTwitterやブログで「まいく」という名前で活動しています。

この名前の由来は、幼少期に通っていた英会話でのハンドルネームが「まいく」だったことに由来しています。

とくに深い意味はないのですが、覚えてもらえると嬉しいです^^

略歴(おおよその経歴)

おおよその経歴はこんな感じです。

  • 2005年:九州の大学に入学
  • 2009年:九州の大学院に進学
  • 2011年:就職と同時に上京(3,000名規模のメーカーに就職)
  • 2015年:昇格試験に合格
  • 2015年:投資用マンション購入
  • 2017年:事業用再生可能エネルギーを購入
  • 2017年:年末付で勤めていた会社を退社
  • 2018年:〜フリーランスとして個人で活動しています

 

人と違った生き方をしたかったか?と聞かれると、答えはNoです。

自分の好きなことや興味があることをやっていると結果的にこんな感じになっていました。

なぜ会社員を辞めたの?

満員電車も8時間労働もOKだった僕が、会社を辞めたたった1つの理由でも書いた通り、ぼくが会社員を辞めた理由は、将来が明確に見えていたからです。

捉え方によっては【将来が見えている】=【安定】かと思いますが、ぼくの場合これがいちばん嫌でした。

ただ、将来が見えていることを嫌だと感じはじめたのは、会社を辞める半年前ぐらいからでしたね。

それまでは、自分の働き方や将来になにひとつ疑問を持たず平日の9時〜18時まで働いていました。

淡々と仕事をこなす日々が当たり前となり、本当に自分がやりたいことや理想の生き方を深く考えていませんでした。

会社員を辞めようと決断してからは、自分の時間は自分で作り、個人で生きていく術を徹底的に考えはじめました。

そして2017年12月末、約7年間勤めた会社を辞めました。

人間関係や長時間労働などの不満はなく、最後まであたたかい人たちばかりの会社だったので、退職で揉めることはありませんでした。

関連記事満員電車も8時間労働もOKだった僕が、会社を辞めたたった1つの理由

なぜぼくは会社員を31歳で辞められたのか?

ぼくは、会社員時代から収入源が一本しかないことに極端に不安を感じていました。

漠然と抱えていた不安はこんな感じです。

  • 会社が潰れたらどうしよう…
  • 売り上げが伸びずボーナスカットされたらどうしよう…
  • リストラされたらどうしよう…
  • 病気で働けなくなったら…

考えすぎだったかもしれません。健康であれば転職先を探せば済むことなんですが、とにかく収入源が一本しかないことがとても不安でした。

なので、まずは本業以外で必要最低限の収入源を確保しようと決意。

会社辞めて大丈夫?辞める前に準備した3つのことでも書いたとおり、サラリーマンのうちにできる準備に時間を使いました。

やったことは、

  1. 投資用マンションを購入して家賃収入を得る
  2. 事業用再生可能エネルギー発電を購入して売電収入を得る
  3. ブログをはじめる

この3つです。

本業以外で必要最低限の収入があったので、31歳で会社員を辞めました。

関連記事会社辞めて大丈夫?辞める前に準備した3つのこと

会社員を辞めてなにがしたかったのか?

会社員として働くと、ほとんどの場合、働く時間と休日を決められますよね。

僕はこれが嫌だったので、個人で独立して生きていくことにしました。

仕事の割合は、オフライン7割×オンライン3割が理想です。

オフラインの仕事は雇われサラリーマンでもOKですが、働く時間と休日を決められるのは嫌。

固定給よりも成果主義。僕はフルコミッションに振り切りました。

どこにいてもできる(働く場所を選ばない)仕事が3割ぐらいあれば、「海外で働く」ってのが現実になりますよね。

趣味である海外ノマドにもっと挑戦できると思いました。

趣味=海外ノマドな生活は人生の難易度が下がって仕事もはかどるよで書いたとおり、1年間ずっと海外で旅をしながら稼がなくても、1年のうち3分の1の期間を海外で旅しながら稼ぐことができれば人生の難易度はかなり下がって、おもしろくなると感じました。

単純に海外が好きでそういう生き方に憧れているだけなのですが。

 

行動を起こせば叶うもので、実際にバリ島で30日間のプチ移住(海外ノマド)生活を経験できました。

詳しくは、バリ島1ヶ月間の移住体験まとめ。おすすめ観光地やホテル・WiFi環境などで書いています。

個人で独立して稼ぐ、その稼いだお金と時間を使ってさらに海外を旅しながら稼ぐ。

こんな感じの生活がしたいと思っているし、そのためにこのブログやTwitterで情報発信を続けています。

理想の働き方はなにか?

時間と場所にしばられない働き方が理想です。もっと言うと、自分の好きなことで生きていくこと。

そのために仕事の割合を、オフライン7割×オンライン3割に調整しています。

9時〜18時まで時間が拘束される会社員だとこの働き方をすることは難しいと思います。

ただ、フリーランスは魅力的?隣の芝が青く見えるだけ、闇も多いよ!で書きましたが、時間と場所にしばられない働き方ってとても難しいです。

単純に会社員を辞めてフリーランスになりさえすれば叶うことではないんですよね。

関連記事フリーランスは魅力的?隣の芝が青く見えるだけ、闇も多いよ!

フリーランス(個人事業主)の輪を広げたい

ぼくは会社員という働き方を一旦辞めて、フリーランス(個人事業主)を選択しました。

以前は会社員同士で仲間を作ることが多く、まわりにも会社員の友人がとても多いです。

でもこれからはフリーランスとして、個人事業主として生きていくと決めたので、自分の状況に合わせて柔軟に仕事を選択している仲間を見つけたいです。

フリーランスの集まりや、起業家の説明会、ブロガーのオフ会など積極的に参加していろんな考え方に触れています。

仕事でも遊びでも、違う分野の人と話すと自分の視野の狭さに驚きますよね。こういうやり方があったか!っていう発見があるからおもしろくて。

もっといろんな人に会いたい。

関連記事自分を変えたい?環境を変えるのが一番です【決意不要】

関連記事人間の層を変えるために何をする?「人脈」の作り方セミナーに参加

ぼくが考える自由とはなにか?

ぼくが考える自由は、いつでも行きたい場所にいけて、会いたい人にあえる時間があること。そしてそれを叶えられる資金があること。

たったこれだけのことで心がとても豊かになる。そして仕事をする気力が湧いてきます。

  • 楽しむことを優先に人生を満喫する
  • いつでも行きたい場所にいける
  • いつでも会いたい人にあえる
  • 「自由」を叶えられる資金がある

これがぼくの思う「自由」です。

バリ島で出会った方々は、ぼくの何歩も先を歩んでいる人たちばかりでとても刺激的でした。

関連記事生き方がカッコいい!バリ島で出会った素敵なブログを紹介します

これからのぼくの予定

当面の目標は、とにかく旅(海外)に出ること。

これからぼくのような人生の選択をした人がいた場合、なにかしらの手助けができるようになります。

今はまだ何もできないけど、続けていけばいつかできるようになる。

そして、ぼくと同じ「自由」を求めている人たちと交流を深めていきます。

 

楽しむことを優先に人生を満喫できる仲間を増やしていきたいです。

 

そのためにいくつかのスキルを磨いていきます

この中で、資産運用はひとまずうまくいっている(成功している?)ので、残りの4つに力を入れていきます。

ぼくのプロフィールを最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

TwitterとInstagramをフォローしていただけると嬉しいです!

Twitter

↓のボタンを押すとぼくのTwitterプロフィールページに飛びます!

Instagram

↓のボタンを押すとぼくのInstagramプロフィールページに飛びます!