スポンサーリンク

フリーランスや個人事業主って健康管理はどうしてる?通常の健康診断以外でやっていることがあれば知りたい!

 

この記事を書いているぼくは、通常の健康診断以外にがんを予防(早期発見)する取り組みをおこなっています。

身近な人ががんで苦しんでいる姿を見て「がん予防」を真剣に考えるようになりました。

 

今回は、ぼくがやっている最先端だけどかんたんにできる「がん予防」を紹介します!

 

こんな人におすすめ

  • がん予防を考えたことがない人
  • 年に一度しか健康診断を受けていない人
  • 守るべき大切なパートナーや子供がいるひと

ぼくがやっているのは、プリベントメディカル株式会社のがん予防メディカルクラブ「まもーる」です。

かんたんに説明しますね。

手軽にがん予防ができる「まもーる 」とは

プリベントメディカル株式会社が、2018年2月1日より開始した「がんドック受診サービス」です。

「がんドック受診サービス」とは、「まもーる」へ申し込みをした人が、リスク評価を受け、結果報告書の総合評価が〝D判定〟となったときに、提携医療機関にて合計20万円(税込)までを上限として、がんドックを無料で受けられるサービスです。

リスク評価とは

医学界で注目のアミノ酸ALAを活用したリスク評価Noahは、医療機関に行く必要はなく、また腫瘍マーカーなどの血液検査とは異なり、体に苦痛を与えない非侵襲的な尿検査です。自宅でカンタンに受けられる検査です。リスク評価は、プリベントメディカル株式会社の指定医療機関が実施します。

先日、がん予防「まもーる」の事業説明会に参加してきたのでポイントを箇条書きでまとめます。

  • 1年に1回の健康診断は、がんの早期発見を目的としていない
  • 健康診断は会社が会社を守るためにやっている
  • がん検診は保険の対象とならず、費用がかかる
  • 継続して検査するとがんの発見率は高くなる
  • リスク評価Noahは、病院に行くきっかけ・食生活を変えるきっかけになる

 

 リスク評価Noahは、がん予防メディカルクラブ「まも~る」に付帯したサービスです。詳しくはこちらで確認ください。

 

では、「がんドッグ受信サービス」が必要な理由はなんでしょうか。

日本人の死因第一位:がん

がんは日本人の死因第1位で、2人に1人が発症、3人に1人が死亡する病気です。

正直なところ、アラサーである僕にはがん予防なんてまだまだ先の話だと思っていました。

ところが、プリベントメディカル 株式会社の取り組みを知り、がんは予防できることを学んだあとは、まるっきり考え方が変わりました。

今はこのような疑問を感じています。

日本人の死因第一位が”がん”なのにどうして対策をしないのか。どうしてがん予防に力をいれないのか。

そこで年1回の健康診断とは別に、1年に1回がんのリスク評価を受け、いつでもがんドックが受診できるよう準備をはじめました。

それが、プリベントメディカル株式会社のがん予防メディカルクラブ「まもーる 」です。

 

ぼくはがん予防なんてしてなかったし、考えてもいなっかったのですが

今では、日本人は”がん”で亡くなる可能性が一番高いのに、予防しないのはおかしくない?って単純に思います。

がん予防「まもーる」実際に申し込みしました

さっそく、2018年2月8日に「まもーる」の申し込み完了しました。

手続きはかんたんです!必要事項を記入して、いくつかのチェック項目を確認するだけでした。

ぼくはスタンダードプラン(月額3,980円)で契約しましたが、家族割と年割を適用させたので、月額3,383円(年間40,596円)です。

ご家族の方と一緒に申し込むほうが良さそうですね。

申し込み方法やリスク評価Noahの体験談は、おって情報発信していきます!

 

「まもーる」Web申し込みはこちらの画面からできます。(クレジットカード決済のみなのでご注意ください!)

 

申し込み画面はこんな感じです。

まもーる申し込み画面

 

さいごまで読んでいただき、ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事