スポンサーリンク

 

フリーランスや個人事業主って健康管理はどうしてる?通常の健康診断以外でやっていることがあれば知りたい!

 

この記事を書いているぼくは、30代の個人事業主です。通常の健康診断以外にがんを予防(早期発見)する取り組みをおこなっています。

身近な人ががんで苦しんでいる姿を見て「がん予防」を真剣に考えるようになりました。

プリベントメディカル株式会社が、2018年2月1日より開始した「がんドック受診サービス(まもーる)」に申し込みをして、がんのリスク評価を受診しました。

今回はその体験レビューです。

 

がんリスク評価の体験談を写真とともに解説します!
スポンサーリンク

がん予防に取り組むのはなぜか

がん予防まもーるに取り組む理由

ぼくは毎年一回の健康診断を受診していますが、この健康診断はがんを発見するものではないんですよね。健康診断の結果が良くてもその年にがんと診断される人もいるぐらいです。

"健康診断だけではがんを見つけることはできない"というぼくの中で一つの結論が出たので、健康診断とは別でがん予防に取り組み始めました。自己投資です。

自分はがんにならないという考え方ではなく、がんになる前提で生きるという考え方にシフトしたのがきっかけです。

なぜなら、日本人の2人に1人はがんになっているからです。

それではがん予防「まもーる」のレビューいってみましょう!

がん予防「まもーる」への入会はネットでかんたんに

「まもーる」のWEB申し込み画面

まもーる申し込み画面

 

まもーるへの申し込みは、ネットで簡単にできます。もちろんスマホからでも大丈夫でした!

名前、住所、生年月日、性別など基本的なことを記入していきます。

支払いはクレジットカードのみですので、ご注意ください。銀行引き落としなどはできないようです。

「まもーる」の会員証が届く

がん予防まもーる袋

広告塔は女優の山口もえさんです。

山口もえ、がん予防はじめます。

これがキャッチコピー。

ぼくは両親と家族割(10%割引)で申し込みをしたので、家族まとめて3通が自宅に届きました。

同封されているもの

  • 「まもーる」会員証
  • 「まもーる」会員サービスのご利用案内
  • 生活習慣の見直しとがん予防
  • 健康管理ファイル

「まもーる」会員証と健康管理ファイルです。がんのリスク評価の結果がきたら、健康管理ファイルにまとめて毎年管理していきます。

「まもーる」の会員証

まもーる会員証

「まもーる」の健康管理ファイル

まもーる健康管理ファイル

生活習慣の見直しとがん予防について詳しくは書かれている冊子

まもーる生活習慣の見直し

冊子を開くとこんな感じ

まもーる生活習慣の見直し開

こんなことが書かれています

  • がんは早期発見が重要
  • がんリスク評価Noahとは
  • あなたに必要な検査は?
  • 代表的ながん検診
  • 生活習慣病と三大がん
  • がん予防への取り組み
  • 生活習慣をチェックしてみよう
  • 健康管理シート・・・etc

この冊子はぜひ読んでみてください。ぼくは健康管理や生活習慣への意識が高まりました。

【まもーる限定】がんリスク評価の検査キットが届く

「まもーる」の検査キットが届きます

まもーる検査キット

 

検査キットの中身はこんな感じ

まもーる検査キット詳細

 

問診票や取扱説明書、注意事項が書かれた資料が同封されています。

健康診断を受けたことがある人であれば直感的にわかると思います。

アミノレブリン酸ALA(アラ)を摂取【禁酒が必須】

まもーるALAサプリ

尿検査の流れはこのようになっています。

  1. 寝る前に健康食品のALA(アラ)を1カプセル飲む
  2. 翌朝採尿し測定・解析施設にレターパックで送付
  3. 医師監修による報告書が届く

 

尿検査の前日(ALAを摂取する日)はお酒が飲めません…。お酒が大好きな人も、この日だけは我慢してくださいね。

ALA(アラ)やNoah検査については、こちらでご確認ください。外部サイト(マブチメディカルクリニックさんのホームページ)へ飛びます。

 

朝一番に尿を採取

まもーる尿検査器具

翌朝一番で容器二本分の尿を採取します。この白いケースのキャップが結構取りづらいです…。

尿を入れるケースなので頑丈に設計してあるんでしょうね。

レターパックでポストに投函

まもーるレター

採取した尿をその日のうちにレターパックに入れてポストへ投函すれば完了です。

ポストに入れるだけで尿検査が受けられるってすごいですよね…。

これだと山奥の地域や離島でも、ポストさえあれば気軽にがん予防ができます。

さいごに

尿検査でがん予防まもーる

これで、がんリスク評価(尿を郵送する)は終了です。たったこれだけです。

病院に行く必要がなく、家にいながらできることがとてもいいと思いました

忙しい人も、時間が有り余っている人も、健康な状態では病院に行かないし、がん予防はしませんよね。

毎年の健康診断だけではなく、がん予防も取り組んでみてはいかがでしょうか。

さいごに、リスク評価の手順をまとめておきます。

  1. 検査キットが自宅に届く
  2. 問診票を記入する
  3. 就寝前にALA(アラ)を飲む
  4. 翌朝一番に採尿する
  5. 問診票と尿をレターパックで送る(ポストに投函)

 

ぼくと同じように毎年の健康診断だけでは少し不安…という方におすすめしたいです。

申し込みはこちらのWEBページからできます。

パソコンやスマホでOKですが、支払いはクレジットカードのみとなっていますのでご注意ください。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事