クアラルンプール福岡

この記事では、福岡→クアラルンプール二泊三日の旅行記をまとめています。福岡からクアラルンプールへの旅行を考えている方、参考にしてみてください!

今クアラルンプールの空港にいます。

福岡からクアラルンプールへ出発し、帰りの飛行機を待っているところです。

福岡からクアラルンプールへ、有休いらずの激安旅行をしてきました。

東南アジアへの旅行は昔に比べるとずいぶんと身近になりましたね。

福岡からだと東京へ旅行するよりも費用を抑えられます。

近所に買い物に行く感じでマレーシアへ来ました。

荷物はリュックひとつです。

たった二泊三日で非日常を味わうことができるクアラルンプール旅は、仕事の気分転換に最適。

二泊三日であれば有休いらずですね。

福岡からクアラルンプールは直行便で行ける

福岡クアラルンプールエアアジア

福岡からクアラルンプールへは、エアアジアの直行便が飛んでいます。

別の都市を経由する必要がなく6時間半で着くので、福岡から気軽に行ける海外都市のひとつです。

格安航空券のとり方や福岡から直行便で行ける海外都市については、福岡から直行便で行ける海外、クアラルンプール往復がたったの28,000円!で詳しくまとめています。

クアラルンプール空港から市内への移動

クアラルンプール移動

クアラルンプール空港から市内へのアクセスは、一人旅だと電車(KLIAエクスプレス)、二人以上だとタクシーがいいです。

クアラルンプールの空港は市内から離れていて、KLセントラル駅までは50km、ブキッ・ビンタンなどの中心地までだと70kmほどあります。

今回は友人と二人で行ったので、タクシーを使うことに。

到着ロビーのタクシーカウンターで料金を支払いクーポンを受け取ればOKです。

伝える内容は、

  • 乗車人数
  • 行き先
  • スーツケースの数

だけです。

さいごに車のタイプを聞かれるので、僕は一番安い車を選びました!

二名で料金は85RM。

有料道路を使い、約1時間でクアラルンプール中心部へ到着します。

有料道路の料金は、事前に支払った85RMに含まれているので安心してください!

クアラルンプール中心部での移動方法

クアラルンプールモノレール

クアラルンプールは割とコンパクトにまとまっているので、徒歩で十分に観光できます。

僕は旅のほとんどを歩いて移動し、タクシーは一度も使いませんでした。

徒歩以外で使ったのは電車ですね。

クアラルンプールは地下鉄やモノレールなどの鉄道移動手段が充実しています。

料金は1.2RM〜。安いですよね。

券売機でトークンと呼ばれる丸いコインのようなものを買って、改札にタッチするだけです。

クアラルンプール電車

改札を通って外に出るときはコインを入れるだけ。

券売機は英語表記があって、英語が得意じゃない僕でも無事に目的地へたどり着くことができました。

ニューヨークの地下鉄にも乗ったことがありますが、断然クアラルンプールの方がわかりやすかったです。

表記や操作方法が直感的にわかって◎でした。

タクシー移動が味気ないな…と思った旅好きな人は電車移動をおすすめします。

【2017-2018】ニューヨーク年越しタイムズスクエアカウントダウンの体験談

クアラルンプールの1泊3,000円の宿

クアラルンプールメルキュールホテル

クアラルンプールでの宿は、Booking.comを使って探しました。

バックパッカーが泊まるようなゲストハウスやホステルではなく、普通の(?)ホテルを予約しました。

宿泊したのはメルキュールホテルです。

クアラルンプールメルキュールホテル

クアラルンプールメルキュールホテル看板

ホテルスタッフの対応は想像以上によく、大満足でした。

クアラルンプールの代表的な観光地「アロー通り」までは歩いて15分ぐらいのところです。

クアラルンプール観光

今回のクアラルンプール旅は2泊しかなかったので、代表的な観光地にしか行っていません。

そもそも観光が目的ではないので、訪れたところをかんたんに紹介します!

アロー通り

クアラルンプールアロー通り

クアラルンプールでの観光スポットを調べると一番始めに出てくるのが「アロー通り」。

通りの両サイドに屋台がところ狭しと並んでいて賑わっていました。

観光客ばかりで地元の人はほとんどいない感じです。

残念ながら料理はそれほど美味しくありません…。

ご飯を食べに行くというよりも、雰囲気だけ味わったほうがいいです。

夜に行くのがおすすめです。

ツインタワー

クアラルンプールツインタワー

クアラルンプールのツインタワーも代表的な観光地ですね。

今回が初めてのクアラルンプール旅だったので、一応行ってきました。

2棟の400m超えタワーは圧巻。

展望台に登ってもいいし、空中散歩を楽しむのもアリですね。

僕は登りませんでした。

二泊三日のクアラルンプール旅行記まとめ

クアラルンプール開発

今回は、福岡から直行便で行けるクアラルンプールへ行ってきました。

航空券をとったのは10日前。

二泊三日でも十分に楽しめることがわかった旅でした。

クアラルンプールの大規模な開発段階を自分の目で見れたことが一番の収穫です。

観光ブックに載っているような観光地をまわることが目的ではなく、単純に気分転換にクアラルンプールへ飛ぶのはアリだと思います。

街を歩くだけで日本と違う空気を感じることができ、カフェに入ると世界中の人と出会うことができます。

福岡からの海外旅をお考えのあなた、クアラルンプールはどうでしょうか。

以上、『【福岡→クアラルンプール】有休いらず!二泊三日の激安旅行記』でした。

関連記事

福岡から直行便で行ける海外、クアラルンプール往復がたったの28,000円!

【詐欺】バリ島サヌールの両替所で100万ルピアすり抜かれた

スポンサーリンク

Twitterでフォローお願いします

おすすめの記事