先日、僕が運営している仮想通貨ブログのワードプレステーマをSANGOからDiverに変更した。80記事程度しか入っていないブログだが、ショートコードの入れ替えなど変更作業が結構大変だった。

この記事は誰に読んでほしい?

  • ワードプレス有料テーマ選びにお悩みの方
  • SANGOからDiverに変更しようと思っている人

この記事で伝えることは?

  • ワードプレステーマをSANGOからDiverに変更して大変だったこと
  • SANGOは可愛らしくてDiverはかっこいい
  • ワードプレステーマを変更するときはメタディスクリプションをコピーしておいた方がいい
  • SANGOのすごい機能はタイムライン

この記事を読むメリットは?

  • SANGOからDiverに変更すると、記入していたメタディスクリプションが消える事実がわかる
  • 「Diver」でブログやアフィリエイトをはじめたくなる(ダイバーを購入しようかお悩みのあなた!そっと背中を押します)

僕がワードプレス有料テーマをDiverに変更した理由は、【Diver】WordPressテーマ選びで消耗したぼくがダイバーの良さを語るに書いた通り。

SANGOからDiverに変更して大変だったこと

ワードプレステーマをSANGOからDiverに変更して、特に大変だったことはこの3つ。

  1. ショートコードの入れ替え
  2. アイキャッチ画像の作り直し
  3. メタディスクリプションの書き直し

それぞれ大変だと感じた理由を書いていく。

ショートコードの入れ替え

ワードプレステーマを変えると必ず発生する作業がショートコードの入れ替え。SANGOからDiverへの変更だけに当てはまるものではないが、この作業は大変だった。

僕がよく使っていた会話調の吹き出しや、関連記事のコード、囲い枠など全て入れ替える必要がある。

さらに大変だと感じたのは、この作業をしていると一年前に書いた記事は、ほぼ全ての文章をリライトしたくなること。リライトに手をつけ始めると時間がいくらあっても足りない。あらかじめ、まとまった時間を用意してリライトした方がいい。

アイキャッチ画像の作り直し

テーマを変更して大変だったことのふたつ目は、アイキャッチ画像を必要に応じて作り直したこと。この作業は、必ずしも必要ではない。

僕の場合、SANGOは可愛らしいデザインなので、アイキャッチ画像にはイラストを多用して柔らかい印象にしていた。しかし、Diverに変更するとそのアイキャッチ画像がいまいちしっくりこない。僕の中で、Diverはカッコよく洗練されたテーマだと思っている。イラストなどの柔らかい印象のアイキャッチは合わない。

イラストのアイキャッチ画像は作り直すことにした。この作業も結構時間がかかった。

メタディスクリプションの書き直し

テーマを変更して大変だったことのみっつ目は、全記事のメタディスクリプションを書き直したこと。これはテーマを変更して気づいた。

テーマを変更してもメタディスクリプションの文章はそのまま引き継がれると思っていたが、Diverに変更すると全てのメタディスクリプションの文章が消えていた。HTMLなどに詳しい人がいじると残っているのかもしれないが、コードがよくわからないので全て書き直すことにした。

検索順位などの変動はなかったが、この作業が一番大変だった。

Diverに変更して思うSANGOのタイムライン機能の素晴らしさ

SANGOタイムライン

ワードプレステーマをSANGOからDiverに変更して気づいたことがある。それはSANGOのタイムライン機能の素晴らしさだ。

僕はこのタイムライン機能が好きで多用していたが、同等の機能はDiverには存在しない。これに関してはSANGOのメリットだと思う。

Diverで代用するとなると、バッジ機能を使うと説明段階を表現できる。バッジ機能を使えば以下のようにSTEPごとに段取りを表現できる。

STEP1STEP1の内容を記述

STEP2STEP2の内容を記述

STEP3STEP3の内容を記述

これでも同じように内容は伝わるが、デザインはSANGOのタイムライン機能の方が好きだった。

WordPressテーマをSANGOからDiverに変更して大変だったことまとめ

ワードプレステーマをSANGOからDiverに変更してみて、大変な作業が多かったが後悔はない。ブログを書くなら自分の好きなテーマで書いた方がモチベーションも上がる。

僕はDiverのデザインや機能が気に入っている。カッコよく洗練されたデザインが希望で、複数サイトを運営したいのであれば、Diver一択。

以上、『ワードプレステーマをSANGOからDiverに変更して大変だったこと』を読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローお願いします

おすすめの記事