スポンサーリンク

フリーランスって時間に縛られず自由なんだよね?海外プチ移住生活ってできる?ざっくり費用とプチ移住経緯が知りたい!

現在この記事を書いているぼくは、バリ島で30日間のプチ移住生活を満喫しています!

海外旅行というよりは移住に近い感じですね。プチ移住。

フリーランスの特権を最大限に活かすなら「海外プチ移住」じゃないかなって思っています。

今回はバリ島プチ移住生活をはじめた経緯とざっくり費用について書きます。

ちなみにぼくは海外に全く慣れておらず、初めてのひとり旅です。

参考までにこれまでに行った国は、アメリカ(ハワイ2回、ニューヨーク1回)・中国・韓国・タイ(バンコク1回、プーケット1回)、ネパールです!

フリーランスのリアル(プチ移住)が気になる方はぜひ参考にしてください!

フリーランスは本当に自由?「自由」ってなに?

バリ島プチ移住

そもそもフリーランスって本当に自由なんでしょうか?

ぼくはもともとサラリーマンだったので、一般的なサラリーマンと比較してみますね。

会社として仕事を請け負っているのがサラリーマンで、フリーランスは個人で仕事を請け負っています。単純に好きなことを請け負っているだけで、「仕事」がなく時間を持て余しているわけではありません。

ただサラリーマンのように9時に出勤して18時の定時まで働くという「働き方」ではないということです。

ここでは毎日9時から18時まで時間を拘束されないという意味での「自由」と捉えています。

フリーランスの場合、1カ月間がむしゃらに働いて(稼いで)、翌月はまるまる休むなんて働き方ができます。かなり極端ですが、まぁそんな感じかな。

だからサラリーマン時代にはできなかった30日間の海外プチ移住生活ができるわけです。

ぼくはこの働き方がすごく気に入っていて、性に合ってる。基本的には、サラリーマンよりフリーランスのほうが自由だと感じています。

バリ島30日間の移住生活はこうして始まった

バリ島30日間の移住生活をはじめた経緯は以下です。

  • だらだらツイッターを眺める
  • たまたまリュウサイさんのツイートが目にとまる
  • バリ島に住んでみたい人いませんか?→速攻で応募
  • 航空券とる

とあるツイートに乗っかっただけ

見出しとツイートの通り、本当にただ、たまたま流れてきたツイートに速攻で応募しただけです。

見切り発車で何も考えずに行動することがよくあるぼくですが、さすがにサラリーマンをやっていると30日間のプチ移住生活は無理ですよね。

きた流れにただ乗るだけ。。全てはタイミングだなーとしみじみ感じてます。

30日間住む場所を提供していただいたリュウサイさんはこんなつぶやきをしています。紹介させていただきますね。

このツイートの通り、本当に全てはタイミングだなって思います。

自分からアクションを起こさない限り、何も変わりません。

フリーランスになってこれはよく理解できる。行動しない限り0のままなんですよね。0を1にするにはアクションあるのみです!

リュウサイさんのブログはこちら→【インドいかへん?(バックパッカー旅企画)

バリ島に行くと決めてからは特別準備をしなかった

バリ島へのプチ移住に関しては、本当に何も準備をしませんでした。

準備をしないというよりは、プチ移住に向けて現状できる仕事をひたすらやってました。目標ができると意外と底力を発揮するものです。

「好きなことを仕事にする」がフリーランスの醍醐味ですが、やるときはやらないと話になりません。努力あってこその「好きなことを仕事にする」です。

というわけで結構バタバタと動いていたので準備をしたのは前日になってから。

おかげで忘れ物が多く、今めちゃくちゃ困っています(笑)

バリ島プチ移住生活の初期費用は?

バリ島プチ移住

バリ島生活が始まったばかりなので総額でいくらかかったか?は今のところわかりません。

初期費用についてだけ簡単にまとめますね。

バリ島初期費用

  • 宿代:35,000円
  • 成田⇆バリ島往復交通費:36,466円(エアアジア)
  • 福岡⇆成田往復交通費:14,000円ぐらい(ジェットスター)
  • 国際免許取得:2,350円

総額88,000円ぐらいです。

安いですねー。これでバリ島30日間のプチ移住生活ができます。バリ島での生活費が別途かかるので実際にはもう少しかかります。

今回は、観光もするので一般的な生活費よりは高くなるかなと思っています。

さいごに

ウブドホテル

海外プチ移住は時間とアクションさえあればできます。思った以上にお金はかからないな、というのが僕の率直な感想です。

交通費と宿代で88,000円ぐらいなら日本で生活するのとほぼ変わらないです。

現状でもできることは山ほどあって、日常はすぐにでも非日常に変えられる。

僕にとっての非日常がバリ島プチ移住なだけであって、人それぞれ非日常を過ごせるチャンスは常にあるのかもしれませんね。

フリーランスの特権を活かし、バリ島プチ移住生活を楽しみます!

さいごまで読んでいただき、ありがとうございます。

両替所での詐欺に注意してください!

バリ島サヌールの両替所で詐欺に遭いました…。100万ルピア(8,000円ぐらい)すり抜かれました。

ネットで調べると、同じような被害に遭われた方は少なからずいるようです。

バリ島では必ず公認の両替所で両替するようにしてください!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事