スポンサーリンク

バリ島から日帰りで行けるリゾート島はある?行き方や魅力を費用含めて教えてほしい!

 

現在この記事を書いているぼくは、バリ島で30日間のプチ移住生活を満喫しています。

先日、バリ島から日帰りで行けるレンボンガン島へ行ってきました。目的はシュノーケリングと観光です。

今回はぼくの体験談をもとに、レンボンガン島への行き方と魅力を紹介します。

本記事の内容

  • レンボンガン島はバリ島から日帰りで行けるリゾート島
  • バリ島からスピードボートで40分(距離は約18km)
  • バリ島サヌール港から出発(往復45万ルピア≒3,600円)
  • 透明度抜群の海でシュノーケリングに最適
  • レンタルバイクがおすすめ

また行きたい!と思える素敵なリゾート島でした^^

レンボンガン島とは

レンボンガン島

レンボンガン島は人口約5,000人程度の小さな島で、レンタルバイク(スクーター)で5時間もあれば島全体を観光することができます。

島を一周する道路はなく、島の中心に位置するレンボンガン村を経由します。現地の人の暮らしぶりを見ることができてとても良かったです。

ただ、看板がない(わかりづらい)道が結構あるのでグーグルマップが必須です。

バリ島と同じく、道路の舗装はよくないです。

観光地として整備されつつあり、豊かな自然を満喫できます。

マングローブの森をボートで周遊したり、サンゴ礁に囲まれている海でシュノーケリングを楽しめますよ!

レンボンガン島への行き方

レンボンガン島スピードボート

(出発日の朝は曇りで…写真がイマイチ)

レンボンガン島へは、サヌール港から出ているスピードボートを使いました。

ツアーで行く方法もあるようですが、サヌールに滞在していたのでツアーには申し込まず個人で行ってきました。

個人でとなると難しそうですが、行き方や手続きはとてもかんたん!

サヌールの舟乗り場を歩いている途中、チケットを売っている人に声をかけられたので、値段を検討して購入しました。

レンボンガン島行き方

往復で55万ルピアです。二人で行ったので、110万ルピア。

結果的に(いろいろ交渉して笑)二人で90万ルピアでした。

一人あたり45万ルピア(≒3,600円ぐらい)です。

サヌール出発時間

  • 9:15(AM)
  • 13:00(PM)

レンボンガン島出発時間

  • 11:15(AM)
  • 16:30(PM)

注意!スピードボートに乗るときに、膝の高さまで海水に浸かるので濡れてもいい格好で行くのがベストです!

▼スピードボートに乗る前に履き物を回収されます

レンボンガン島サンダル

注意!スピードボートに乗る前に履き物を回収されるので、サンダルで行くのがベストです!ボートの中は裸足で歩くことになります!

サヌール港

サヌール港はここです。

 

▼スピードボートの発着所はたくさんの観光客で賑わっていました。

レンボンガン島港

▼スピードボートの中はこんな感じ

レンボンガン島スピードボートの中

▼スピードボートのロープで遊ぶ子供たち

レンボンガン島ボートで遊ぶ子供たち

出発の朝はどんより曇っていて、少し残念…。

出発から40分でレンボンガン島に到着

レンボンガン島到着

サヌール港を出発して40分でレンボンガン島につきます。

船は想像以上に揺れるので心配な方は酔い止め薬があるといいと思います。この日は天気が悪く風が強かったので、いつも以上に揺れるとチケット売り場の人に言われていました。

ほぼアトラクションでしたね。心臓が浮く感じです。

船内は悲鳴のような、なんとも言えない声を出している人や、船酔いでうなだれている人など…結構おもしろかったです。

窓側に座って窓全開にしていると大丈夫だろうと思っていたのですが、水しぶきが飛んでくるのでやめたほうがいいです。顔がびしょ濡れになります。

レンボンガン島でやったこと

滞在時間6時間ほどのレンボンガン島でぼくができたことを紹介します。

バイクをレンタル

レンボンガン島の浜に降り立つと、サンダルを履く前にレンタルバイクのおじさんに声をかけられます!笑

レンタルバイク1台につき10万ルピア。高い金額ではないので、即決でそのおじちゃんとバイクの駐輪場まで歩きました。

あまりにも早く捕まってしまったので、写真がありません。。

レンタルしたバイクは48万km走っていました…。日本だと考えられないですね〜。タイヤの溝も結構すり減っていたので、二人乗りするときは注意が必要です!

シュノーケリング

レンボンガン島シュノーケリング

シュノーケリングができるポイントまでバイクで移動。1時間シュノーケリングを楽しみました。

1時間で一人あたり35万ルピア(≒2,800円)。少し高いかなと思いましたが、時間も限られているので即決。道具のレンタル込みの値段です。プールに入ることもできるしシャワーもついています。

シュノーケリングスポットまで船で連れていってもらいました!透明度抜群でシュノーケリングに最適です!

▼場所はここ

 

ビーチ沿いのおしゃれカフェでランチ

レンボンガン島ランチ

マングローブビーチ沿いにはおしゃれなカフェがたくさんありました。

ブランコやハンモックがあってリラックスできます。欧米人の観光客が多かった印象です。

レンボンガン島ランチビール

ハンバーガーとビールを注文。もう一人が注文したパスタはイマイチ美味しくなかったので、頼まないほうがいいと思います。

チュニガン島とを結ぶ黄色の吊り橋

レンボンガン島吊り橋

実はレンボンガン島から歩いて渡れる島があります。チュニガン島です。

バイクで通ってたまたま気づいただけで、こんなスポットがあるとは知りませんでした!笑

Instagramにもたくさん写真があがっていたので、インスタ映えポイントだと思います。

▼場所はここ

 

レンボンガン島の行き方まとめ

バリ島から気軽に行けるレンボンガン島を紹介しました。

レンボンガン島へは思ったよりかんたんに行けたので、ぜひバリ島観光地の候補に入れてください!

レンボンガン島への行き方まとめ

  • バリ島からスピードボートで40分(距離は約18km)
  • サヌール港から発着
  • スピードボートの料金は、往復45万ルピア≒3,600円
  • サンダルと濡れてもいい格好で行く
  • レンタルバイクがおすすめ

 

さいごまで読んでいただき、ありがとうございます!

バリ島関連記事もぜひチェックしてみてください^^

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事